もこみ一人暮らし大学生の自炊にオススメのキッチングッズ9選

f:id:meadameada:20161127120620j:plain

 

こんにちは一人暮らしをしている現役大学生のジャンプ力に定評のある前田です。

一人暮らしのあまりの寂しさに、ペット禁止のアパートでお掃除ロボットのルンバを飼いたいと本気で思ったことや、紅茶を作りながら笑っていたことがあります。よろしくお願いします。

 

さてさて、今回は実際に使ってみていいと思ったキッチン用品(食器や調理器具など)を紹介していきます。

 

 

 

 

ミキサー

一人暮らしでは食材がめちゃくちゃ余ります。

でもスーパーで食材を購入するときには、トマト1個買うより3つパックになったものを買う方が一個あたりの値段は安くなります。悩ましいですね。

 

僕はパックで買っておいて食材が余ったら、

このミキサーに余ってるものを全部ぶち込んでソースにするようにしています。

ソースにしたらパックに入れて冷凍室です。

 

解凍して後からちょっと味付けするだけで

パンにも、カレーにも、パスタにも、肉料理、魚料理にも合う万能ソースに!

学生に不足しがちな野菜も補うことが出来ます。

 

3,000円で買えたのも購入の決め手でした。

 

これは嘘になりますが、便利すぎるのでいつも抱き枕にして寝ています。

 

 

 

 

 

オーブン用の皿

オーブン料理作るのに便利です。

これもまた、食材が余ったときに使ってます。

余ってる野菜を適当に切って皿に盛り付けて、ひとつメインとして肉、魚を上に乗せておきます。

 

そこにオリーブオイルと塩をかけてオーブンに30分入れとくだけ!

 

これだけで

もう、ほんっと美味しいです。

 

美味しすぎてハマったのでオーブン料理研究してみたんですが最終的に

 

魚+適当な野菜+レモン+オリーブオイル+塩+バジル

 

これを皿の上からアルミホイルで包んで焼いたやつが最強だという事に気付きました。

オリーブオイルは高所からかけるのがコツです。

これもまた、野菜を美味しく食べれるキッチングッズですね。

 

僕の家はコンロが一つしかないので、パスタを作るときには麺はコンロで茹でつつ、ソースはオーブンで作るということもやってます。

 

本当に何をぶちこんでオーブンに入れても美味しくなるので、

最近ではありとあらゆるものを「そういう目」で見てしまいます。

オーブンに入れたらおいしそうだなーという目です。

 

 

 

 

オーブンで作る目玉焼き用の皿

目玉焼き作って朝からパンに乗せて食べたりするんですけど、わざわざフライパン出して調理するほどでもないなーとも思います。洗うのめんどくさいしね。

 

そんなときに出会ったのがこれ!

 

サイズ感が丁度良すぎる!

目玉焼き焼けるし、なんならウインナーとかも焼いておける

そしてオーブントースターでパンを一枚焼いてる横にこれを乗っけれる大きさ!

安いのでぜひ一枚買ってみてください!

 

 

良い包丁

良い包丁...とは言っても1,500円で買える包丁です。

それまで200円くらいの包丁使ってて、食材切ってたんですけど

切るの大変でした。玉ねぎですら魚の頭を落とすかのように切っていました。

 

でもこの包丁買ってびっくりしましたね。

あ、体重乗せなくても玉ねぎって切れるんだって

めちゃくちゃ高い包丁じゃないんだけど、切れる切れる!

 

レビューが良かったのとデザインがカッコよかったのも購入の決め手になりました。 

 

 

 

スリムな米びつ

2kgの米が入ります。

コップに麦茶を入れるように米を入れることができるので、これまでのやつみたいにわざわざ、しゃがんで米を測って入れるみたいな面倒な作業が要らないんですよね。

 

あと、スリムなので狭いお部屋でも収納にも困らないです。

僕は冷蔵庫に本当に麦茶みたいに入れてます。

 

調べて分かったんですけど米は本当に冷蔵庫に保存する方が良いみたいですね!

これって常識なんですかね....

 

 

 

計量カップ

最初は要らねーと思っていたんですが、「たまには凝った料理作るか」って思い立ってレシピ見ながら作り始めた時に、

入れる調味料の量が計れなくて詰んだ事があります。

せっかくの食事の楽しみが奪われました。

 

紅茶を作りながら笑っていたのはこの事件の直後だった気がします。

 

 

 

ふにゃふにゃまな板

軽くて収納に便利です。

おすすめしているのは「使い分け」シートまな板ですが、僕は半年に一回「使い捨てる」くらいで購入しています。

そっちの方が衛生的だと思っています。

 

 

もこみちまな板

やっとここでもこみちが出てきました。

もこみちがこれに料理を盛り付けて食卓に出してきそうなまな板です。

カッティングボードと呼ぶらしいね。

僕は持っていませんが彼女がこれを持ってて賢いなーと思いました。

切ってそのまま皿として使えるので洗い物が減ります。あとオシャレです。

 

ワインを飲んでるときに

彼女がこの上でなんか高いハムを切ってそのまま食卓に持ってきてくれました。

その姿があまりにカッコよくて、僕も真似して、余ってたハムを切って食卓に持っていきました。

もこみちみたいでカッコいい!とは言ってくれませんでした(´・ω・`)

 

部屋に友達や彼氏、彼女を呼びたい人にはもってこいです。 

 

 

 

 

 

シリコン製鍋敷き

コンロの数が僕の家は一つだけです。一人暮らしのお部屋だとキッチンが狭かったりしますよね。

料理してるとコンロ以外に一旦フライパンや鍋を置いとく場所が必要になる場面が結構あります。

 

鍋敷きがあるとどこでも置いておけるので便利です。

下手に置いて、お気に入りの家具や備え付けの家具が熱で変色しちゃたりしたら困りますからね。

 

シリコン製をおすすめする理由としては、柔らかい素材なので鍋つかみのようにも利用できるからです。

 

先ほど紹介したオーブンから出した後の熱々の皿もこれで掴んで取り出して、これに敷いています。

 

 

良い食事をとろう

毎日ちゃんとしたご飯を食べること。

これは人間の幸福度に直結することです。

 

この前、僕はお金がないけど贅沢なものは食べたいという思いから、

海鮮抜き海鮮丼を食べたことがあります。

ご飯にきざみのりとわさび醤油をかけただけの料理です。

食べながら人間として終わってるなと思いました。

 

たまにはこんな惨めな思いをすることもありますが、

基本的には僕は良い食事を取っています。

 

食費をケチったり、時間がないからと食事を抜いたりして

昼間にエネルギーが足りなくてやる気が出ない状態でダラダラ過ごすことの方が

よっぽど学費や時間がもったいないです。

 

いい食事をとる人だけがいい大学生活を送ることが出来ます。

 

最後に大学生協のポスターみたいなことを言いましたが、みなさんも自分の「食事」を見直して、「食事」に投資してみてはいかがでしょうか?